遮光開始

1週間前に梅雨入り宣言が発表されたものの、雨が降ったのは宣言当日だけで、以来降水量ゼロ。連日晴天続きで、最高気温が30℃になることも度々です。ラニーニャが観測されていたので、猛暑になると予測されてはいましたが、渇水も心配になって来ました。八木沢ダムの貯水率は40%程度という新聞記事を読んだ覚えがあります。コノフィツムは渇水には強いですが、猛暑だけは勘弁して欲しいものです。

例年ですと、梅雨明けまで寒冷紗はかけないのですけれど、今年は6月17日に遮光を開始しました。まだ、完全に休眠入していない株もあるのですが、溶けてしまうとイヤなので仕方ありますまい。さらに問題なのは、潅水のタイミングです。あまりに気温が高いため、うかつに潅水出来ないし、かといって7〜9月の3ヶ月間断水は、特に小型品種には厳しい感じがします。う〜む、困った。今のところ最低気温は22℃前後なので、1週間に2度くらい、夜間にパラパラッと潅水しています。
[PR]
by conocono123 | 2007-06-22 01:07 | 栽培記録
<< 学名リスト(カナ読み、五十音順) 休眠直前のコノフィツム達 >>