マウガニーの紅葉

C. maughaniiが紅葉して綺麗です。
d0079818_163933.jpg

リトープスの紅大内玉のような赤色変異種は一年中赤く色付いていますが、コノフィツムではメイキンス・プラムのような特例的なものを除いて、休眠前に色付くものがほとんどです。ボディー全体が色付くものや、線模様が鮮やかになるものなど、2月から5月にかけては秋の開花時期に次いでコノフィツムファンにとって楽しい時期です。

写真はマウガニーが紅葉する様子を年末から2月にかけて追ったものです。同じ個体とは思えないほど色が変化しているのが分かります。
[PR]
by conocono123 | 2009-02-24 16:53 | 栽培記録
<< Mesemb field nu... エクティプムの新球生長 >>