「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ: 昼咲類 (6)( 6 )

'小槌'

'小槌'
d0079818_018457.jpg

おそらく原種 C. wettsteinii そのものと思います。古くから導入されていて、'小槌'の和名が与えられたのでしょう。コノフィツムハンドブックによれば、球体頂面が丸みを帯びていて花色が濃いのが特徴とのことで、古くから植え継がれている選抜個体なのかも知れません。
子供の頃、最もコノフィツムらしいと感じた種類です。ちなみにコノフィツム(Conophytum)という学名は円錐状(cone)の植物(phyto)の意味ですから、'小槌'は最も典型的な姿をしていることになります。

安価なこともあって最初の通販で購入した思い出があるものの、何故か我が家では何度買ってもダメにしてしまい、とうの昔に栽培を諦めた難物だったりします。昨年秋に久々に購入しました。はたして今回は上手く育ってくれるか?? ただ、この株の花を見ていないので、ひょっとしたら、ただのC. wettsteinii実生株かも知れません。もし花の色が薄かったら'小槌'では無かった・・ということになるのでしょう。和名のついた古来種は往々にしてそういう事があります。

普及種はあまりじっくり観察したりしないのですが、こうして改めて見ていると、やっぱりコノフィツムという属名が最も相応しい種の一つだと思います。
[PR]
by conocono123 | 2009-03-24 00:37 |  昼咲類 (6)

'ニュールック'

d0079818_0435584.jpg

コノフィツムハンドブックによれば、ルックホフィーとして輸入されたものだそうです。おそらくC. minusculumが正しい名称と思われますが、旧来から販売される時の名称'ニュールック'で呼ぶ事にしましょう。ニュータイプのルックホフィーという意味なのでしょうか?

丈夫で良く増え、花着きも良い個体です。
[PR]
by conocono123 | 2007-10-08 00:48 |  昼咲類 (6)

'オーロラ'

d0079818_01430.jpg

'オーロラ'
[PR]
by conocono123 | 2007-06-24 00:01 |  昼咲類 (6)

'花祭'

'花祭'
d0079818_059416.jpg

[PR]
by conocono123 | 2006-11-16 00:59 |  昼咲類 (6)

Mabel's Milkman

Conophytum 'Mabel's Milkman' (= C. ectypum subsp. brownii x C. bilobum)

d0079818_0505658.jpg


エクティプムとタビ型の雑種には様々ありますが、この 'Mabel's Milkman'は球体の模様、花共に素晴らしいです。さらにエクティプムとのバッククロス等も可能なようで、品種改良の親としても期待して良いのではないかと思われます。
[PR]
by conocono123 | 2006-10-24 00:55 |  昼咲類 (6)

バラ典, Bara-ten

タビ型の園芸品種は数多くあって、朱色や紫色の花を着けるものは名札が取れてしまうと、外見での同定は困難となります。まず無理と考えて良いでしょう。それくらい似通った品種が多数出回っています。かつて(昭和30年代)にメセンブームがあった頃、急増した需要を満たすために、実生で増やした個体に片っ端から品種名を付けたのが原因とも言われています。以来40年、名札の取り違え、書き間違いなど、種々の理由で品種名は混乱状態にあると言って過言ではありません。

d0079818_0544712.jpg

そのような似たものが多い園芸品種の中で、一際異彩を放つのがこの'バラ典'です。コノフィツムハンドブックで「ツヤ消し肌。特殊な紫赤色花」と紹介されていて、とても気がかりな品種でしたが、どこのカタログにも収載されていなくて、長らく探し求めていたのでした。

2年程前、ある業者のカタログに'バラ典'が出たので、大喜びで注文したのですが、残念ながら肌はすべすべ。花色もオレンジ色と全くの別品種でした。古い園芸品種ではよくある事ですが、札違いになっていたようです。結構いい値段だったのに残念でした。ところがある日、CR氏のリストを見ていたら、何と'Bara-ten'が載っているではありませんか! どの品種も似たり寄ったりと書かれていたので、半信半疑で注文して届いたのがハンドブック通りのツヤ消し肌。これは期待出来ると、1年間待って咲いたのが上の写真です。たぶん「当たり」でしょう。海外からの里帰りという感じで感激しました。

ひょっとしたら国内の趣味家の棚で、増えすぎて持て余していたりするのかも知れませんが、古い品種で正確な株を手に入れるのは本当に難しいです。ハンドブックに収載されている株でも、既に絶えてしまったものや名前が混乱しているものも多いでしょうね。園芸品種や選抜個体は日本の宝のような存在と思いますから、正確な株をきちんと保存して行きたいものです。
[PR]
by conocono123 | 2006-10-23 01:12 |  昼咲類 (6)