「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ: 夜咲類 (5)( 6 )

ウィッテベルゲンセ(太枝紋、唐草紋)

d0079818_2147572.jpg

d0079818_21572849.jpg

Conophytum minimum 'wiitebergense'は地色や模様の個体差が大きく、記号や品種名を付与された個体が多数存在します(コノフィツムハンドブックには12種類が掲載される)。中でも鑑賞価値が高いと思われるのが'太枝紋'(写真上)と'唐草紋'(写真下)ではないでしょうか? 比較的古くから維持されている品種のようで、現在、RR714というロカリティナンバーで親しまれている系統と同じ産地由来の選抜個体ではないかと想像しています。
[PR]
by conocono123 | 2010-01-09 22:05 | 夜咲類 (5)

オランダローデアエ

販売業者のカタログでは、単に「ローデアエ」として掲載、販売されていることが多かったようで、今でも時折「ローデアエ」として紹介されていることがあります。実際にはC. truncatumの1クローンらしく、C. roodiaeとは関係の無い種類です。そのため、コノフィツムハンドブックには「オランダ ローデアエ」として掲載されています。何故オランダなのかは謎ですが、おそらくオランダの業者経由で輸入されたのでしょう。
d0079818_0582653.jpg

なんとなく偽物っぽい名前ですが、休眠前に綺麗に色付く魅力的なクローンだと思います。丈夫で良く増えます。
[PR]
by conocono123 | 2009-04-03 01:01 | 夜咲類 (5)

'待宵姫'

d0079818_056925.jpg

今シーズンは開花が遅くなり、年始早々に満開となりました。

原種C. ficiformeそのものの選抜個体と思われますが、園芸品種名(=個体名)を付与されて流通しているため、園芸品種のカテゴリーに分類しました。花色はフィシフォルメとしては濃いめのピンク色で、コノフィツムハンドブックでは「最も濃い」とあります。花径は直径20mmほど。強い香りがあります。ボディーは白っぽい緑色で、鮮明な緑色の線模様がありますが、'八重垣姫'のような赤色線にはなりません。
[PR]
by conocono123 | 2008-01-07 01:07 |  夜咲類 (5)

小米雛、'Kogome-bina' =C. hians?

d0079818_155469.jpg

'小米雛'
Conophytum hiansの一個体か? 長野の錦園から購入

高校生の頃、初めて訪れた藤沢の紅波園で、この'小米雛'の白黒写真が額に入って飾られていました。タビ型を中心とした花が鮮やかな園芸品種しか知らなかった私には、その産毛に覆われた小さく愛らしい姿が、新鮮であり、また衝撃でありました。残念ながら売り場に苗は無く、名前を心に留めて帰路につきました。2年程前に娘を連れて紅波園を訪れた時、写真が当時のまま飾られていて、ちょっぴり不安を感じながら訪問した時の記憶を呼び覚ましてくれました。今年、その娘も当時の私と同じ歳になりました。

写真の株は、随分前に錦園の通信販売で購入したものです。もっと大きな群生株になっていても良さそうなのですが、うまく育ってくれません。小型種は一度こじれるとなかなか機嫌をなおしてくれません。株分けや挿し木し直せば良いのかも知れません。
[PR]
by conocono123 | 2006-12-15 01:07 |  夜咲類 (5)

八重垣姫, Yaegaki-hime

2005/12/10撮影
八重垣姫
Conophytum ficiformeの選抜個体か??
d0079818_165428.jpg


フィシフォルメにしてはツヤの無い肌に暗赤色の太線模様。開花後どんどん伸びる花弁。一度見たら忘れられない品種。長い花弁については、他に同様の形質を持つ種が見られないため、交配品種なのか原種からの選抜個体なのかさっぱり判りません。

原種C. ficiformeの花粉を授粉したところ、前回は失敗、今年の秋は数粒の種子が得られました(交配は昨年秋に行いました)。種子の出来にくさから考えて、やはり交配種と考えた方が良いのかも知れません。分球のペースも遅く、なかなか増えてくれません。
[PR]
by conocono123 | 2006-09-20 01:15 |  夜咲類 (5)

ジョンチンA2, John-chin A2

2006/01/15撮影
ジョンチンA2
Conophytum obcordellum var obcordellum 'ursprungianum' の選抜個体らしい。
d0079818_0264016.jpg


長野県の錦園(2003年秋閉園)の通信販売で購入。
コノフィツムハンドブックによると、「ジョンチン」という名前は、ジョンソンガーデンから輸入した「安珍」(他の選抜個体)に似た個体だからとのことで、「ジョンソンの安珍」が縮まって「ジョンチン」になったらしいです。A2という枝番が付いているのは、ジョンチンからの実生という事か、それとも兄弟株なのか?

白っぽい肌に大きな斑点が特徴的な個体です。側面がほんのり赤く染まるところも美しく、数あるウルスの中で一番のお気に入りです。2頭ほどの株を10年ほど前に購入しましたが、上手く増えてはくれなくて、ここ数年は現状維持の状態。1鉢だけだと全滅の危険性が高いので、早く絶滅危機ラインを脱出して欲しいものです。今年は無理矢理株分けしてしまおうかと考えています。
[PR]
by conocono123 | 2006-09-11 00:39 |  夜咲類 (5)