「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:栽培トラブル集( 6 )

シワシワのまま春を迎えた

2007年5月19日の記事で、コノフィツムの5月上旬の様子を紹介していますが、今年もほぼ同じ状態になっています。軒下栽培の宿命で、強い風雨の時は場所によってずぶ濡れになってしまいます。
d0079818_0395144.jpg

↑コノフィツムは水分が豊富だと新球の生長が始まってしまうので、置き場所によってはこんな状態になっている株もあります。休眠前に新球が親球を割って出て来てしまいました。このようになっても夏越しするのに大きな問題はありませんが、あまり好ましい状態とは言えないでしょう。球体が黄色っぽくなっているのは直射日光に当たる時間が長かったためと思われます。少し遮光してやった方が良いのかも知れません。

d0079818_03713.jpg

↑普通はこんな状態で、内部で新球が育っているため、でっぷりと太っています。上のものより日陰になる場所に置いてあるため、球体は黄色っぽくならずにいます。品種は「桜貝」

d0079818_0372513.jpg

↑これも「桜貝」なのですが、シワシワでフニャフニャです。
内部で新球が育っている気配もありません。

d0079818_0374712.jpg

↑「シネレオビリデ」です。
トレーに何株も植えておいたのですが、昨秋の休眠明けで躓いた株が多く、極端な大小の違いが出てしまいました。赤っぽくなっている株はフニャフニャです。栽培下手の見本のような・・・
何故このような差が出てしまうのでしょうか?

d0079818_0381610.jpg

↑そこで、一株抜いて茎の様子を調べてみると、茎の中心部分が茶色く枯れてしまっているのが判ります。つまり、茎と根が全く機能していない状態だったのです。根からの水分が無くても半年は生き続けられるのが驚きですが・・

d0079818_0384953.jpg

↑次にこの株を縦切りにしてみました。
左の球体では新球の生育が遅く、右では新球は出来なかったようです。

d0079818_0391468.jpg

↑別の品種ですが、こちらも茎の中心が枯れていて、新球は全く出来ていません。

シワシワふにゃふにゃの原因は茎枯れであることは解りましたが、何故茎が枯れてしまうのか・・?? 品種によっても茎枯れしやすいものがあって、我が家で手を焼いているのが「稚児桜」と「銀河」です。挿し木をすれば100%の確率で活着するほど丈夫な品種なのに、数頭になった株を植え替えると直ぐに調子が悪くなって、大半がフニャフニャになってしまいます。
[PR]
by conocono123 | 2009-05-02 00:40 | 栽培トラブル集

ナメクジの食害からの復活

ナメクジはコノフィツムの花が大好きです。
開花期になると、どうやって感知するのか、棚下からゾロゾロと這い登って来るのを見ることがあります。花だけ食べるなら諦めも出来るのですが、勢い余ってか本体まで食べられてしまうと残念でなりません。貴重品ほどこのような食害を受けやすいので要注意です。
d0079818_048392.jpg

↑ヘルマリウムですが、中心部が食べられてしまい、まるで壺のように見えます。
幸い、生長点付近は食害されていないようなので、このまま様子を見ることにしました。ひょっとすると、新球が生長する様を観察することが出来るのではないかと期待しつつ・・・

d0079818_0482495.jpg

↑約4ヶ月後の様子。新球がのぞいています。

d0079818_0484258.jpg

↑4月末には新球がすっかり大きくなっていました。食害されていないものと比較して、新球の生長が悪いということも無さそうです。玉型メセン類が光合成を行うのは主に球体の外側部分(=表皮細胞に近い部分)だけらしいので、球体の中心を食べられてしまってもエネルギーの獲得には差し支え無いからなのでしょう。食べられてしまった部分があるため、新球は完全にカバーされていませんが、まあ問題無いでしょう。

またこのようにして見ると、新球は2〜3月から急速に生長するのだということが判りますね。
[PR]
by conocono123 | 2009-04-30 00:49 | 栽培トラブル集

ネズミ避けネット設置

数年前から2階ベランダの栽培場にネズミが出るようになってしまいました。リトープスの群生株が特に好きなようで、気がついた時には陰になっている方の数頭が無くなっていました。実生株は引き抜いて食べられてしまいました。
コノフィツムはあまり好きでは無いようですが、ブルゲリやRラツム等有窓系の実生には気を惹かれるらしく、引き抜かれ、歯型が残った1〜2年生株がいくつか出ました。他のコノフィツムは安心かといえばそうでもなく、挿し木したばかりの株が何本も引き抜かれていました。
d0079818_23313378.jpg

d0079818_23343529.jpg

↑ 歯型(矢印)の残るペルシダム実生苗

つまり、どの種類でも一応匂いを嗅いだり、引っ張ってみたりして吟味しているのでしょう。根が十分に張った株がたまたま倒されなかっただけだと思います。小型種であるレコンディツムは根こそぎ掘りとられて姿が見えなくなっていました。好きな順に食べている可能性があり、リトープスが無くなったら次はコノフィツムを食べ始めるかも知れません。このままでは精神衛生上もよろしくないため、ネズミ避けにネットを設置しました。
d0079818_18231326.jpg

ホームセンターで小動物避けネット(目の一辺は20mmほど)を購入し(90cm x 8m=約900円)、自作木製棚の周囲をぐるりと囲みました。 ネットの材質はビニールのような柔らかなものですから、簡単に喰い破られそうなのでちょっと心配です。それほどの好物でもなさそうなので、このような簡単な障害物でも有効であることを期待します。取り急ぎ設置したので、このままではネットの開閉が大変です。またの休日に開閉が簡単なように細工することにします。
[PR]
by conocono123 | 2008-01-05 19:45 | 栽培トラブル集

夏越し後の腐り

今年の夏は、これまでに経験した事の無い大きな天気の変化に翻弄されました。
7月までの不思議なくらいの涼しさと湿度の高さで、脱皮を始める株が多く出ました。そのまま冷夏になるのかと思っていたら、8月は一転猛暑に見舞われました。35℃を越える日も珍しく無く、その上、台風でずぶ濡れになることもありました。9月になっても暑さは衰えず、下旬になっても30℃を越える日が数日。

7〜8月に勝手に脱皮してしまった株は、8月の暑さで消耗が著しいようで、新球にシワが寄ってしまうもタビ型品種が多く出ました。あまりに哀れなので、暑いので嫌だったのですが、少量潅水で体力消耗を防ぎました。おかげで遮光していることもあって、徒長気味になってしまうものも出て来ました。ただ、不思議な事に休眠中に腐ってしまう株は、昨年よりは少なかったように思います。

毎年のように出て来る休眠明けの「腐り」ですが、基本的には休眠前までの栽培がちゃんと出来ていたかどうかの通信簿のようなものだと考えています。

1.まずは「腐り」のパターンを・・
d0079818_1123343.jpg

多くの「腐り」は、写真(上)の様に根元から変色し柔らかくなり、溶けるように倒れて来ます。写真(下)のように上部から腐るものも稀に出ます。根元から腐った株を数個解剖してみると、茎の内部も腐って茶色くなっていました。ひょっとすると、茎が先に腐るか枯れるかして、そこから球体に腐りが及んだのかも知れないと考えています。もう少し多くの個体で確認する必要があるでしょう。

2.品種間差
d0079818_1174153.jpg

コノフィツムの中で最も丈夫とされるタビ型園芸品種ですが、品種によっては弱いものがあります。写真で真ん中の列が空いています。ここにはタビ型園芸品種の'銀河'が植わっていました。昨秋挿し木したもので、7〜8月にかけて順次腐ってしまい、ついにはゼロになってしまいました。両側は他のタビ型園芸品種で、同じ時に挿し木したものですが、こちらは腐ったものはほとんどありません。

3.日当りの悪さと植え替えの遅れ
d0079818_1182851.jpg

これは昨秋遅くに挿し木した'式典'です。とても丈夫な園芸品種ですが、挿し木したものの半分くらいが夏越し中に枯れてしまいました。休眠前までは外見的には健康そのものでした。置き場所は栽培棚の奥の方で、春から初夏にかけて日当りが急速に少なくなる場所です。挿し木の時期が遅かった事もあり、十分な養分が蓄えられないうちに日照不足になり、夏越しに必要な体力が無くなったのではないかと推測しています。外見が健康そうなのに突然腐るというパターンは、このような原因によるものが多いのでは無いかと考えています。

4.土壌病原菌?
d0079818_1191538.jpg

写真(上)は'花園'、(下)は'祝典'。たまたまかも知れませんが、1株腐ると、隣の株も腐ることが多いように感じます。腐った株にとりついた菌が、となりの株も侵すのかも知れません。

5.同じ品種、同じ場所でも・・
d0079818_120476.jpg

こういう例を見ると、枯死の原因の訳の分からなさを痛感します。写真(上)も(下)も同じ品種'待宵姫'で、2鉢並べて置いてあったものです。(上)は健康そのもの。(下)は夏越し中に殻の中で枯れてしまっています。かろうじて左側の部分が生きているようですが、茎が枯れているようで吸水せず、脱皮もしてくれません。こうなってしまったら、株を分解して挿し木しなおす必要があります。
[PR]
by conocono123 | 2007-10-01 01:23 | 栽培トラブル集

季節はずれの新球出現

d0079818_0141712.jpg

4月も中旬を過ぎると最高気温が20℃を越えるようになり、多くの種類のコノフィツムが徐々に休眠に入って行きます。この写真のように足袋型の園芸品種では、ちょっと黄ばんだ色のプックリとした姿になるのが一般的です。中には、
d0079818_0223638.jpg

こんなふうに上部から新球が出て来ながら、親球がシワになって行くものもあります。何れにせよ、親球はこれから夏にかけて徐々に茶色く乾燥して行き、脱皮して新球が現れるのは9月以降になります。

ところが、今頃こんな困った状態になってしまうものが出て来ます↓
d0079818_23563188.jpg

C. bilobum 'approximatum'
足袋型の一種(品種?)ですが、親球がまだ水々しいのに、横腹から新球が出て来てしまいました。なんとも痛々しい感じで、こんな姿を見ると慌ててしまいます。

d0079818_061510.jpg

こちらはC. regale
新球が親を持ち上げて倒してしまいました。

d0079818_08911.jpg

C. globosumも、同じように親を持ち上げてしまっています。

原因は不明です。同じ種類を、同じ場所で同じように管理していても、こうなってしまう株とならない株が出て来ますから、ある程度の確率で起こってしまう現象なのでしょう。ただ、弱光下で管理している株に多く出るように思われます。

さて、対策ですが、経験的には何ら問題無く秋を迎える事が多かったです。ただし、親球と子球の隙間に水が溜まりやすいため、新球が腐りやすくなっていますから、潅水は控えめに、そして球体にはかからないようにします。
[PR]
by conocono123 | 2007-04-25 00:35 | 栽培トラブル集

大失敗(日焼け)

やってしまいました。9月の日焼けです。
今週は、大雨や曇りで気温も低いという予報だったので、気が緩んでいたのでしょう。でも28日は晴れとの予報でしたから、寒冷紗を張っておくべきでした。
朝は涼しかったものの、昼までには雲ひとつない快晴となり、最高気温は29℃を記録しました。勤め先でやられた〜!!と心の中で叫んでみるものの時既に遅し。恐る恐る昨晩確認すると、やはりいくつか日焼けしていました。そして、今日、朝からチェック・・・透明波板の屋根の下に居たものは大丈夫でしたが、太陽高度が低くなっているため、かなり棚の奥まで直射日光が射し込んでいて、モロに直射日光を浴びた側だけがダメージを受けていました。

なんとブルゲリ実生6年生、Rラツム(同)、マウガニーのアルメニアカム、オフタルモ系(一部)では、日が当たっていた面だけがまるで茹ったような半透明の薄茶色に!!!  ブルゲリは今年開花してくれるんじゃないかと期待していたのになぁ・・・・。自分のサイトに「日焼けに注意せよ」と書いてあるのにね。いや恥ずかしいやら、落胆するやら。面積的には1/4程度なので、ダメージが拡大するかどうか経過を見守る事にしよう。

一方、オブコデルムやフィシフォルメ、ユビフォルメでダメージを受けたものは、表皮が薄茶色く焦げたようになっています。薄皮の陰になっている部分は健全で、まるで日焼けした時の水着の跡のようにくっきりとラインが入ってます。経験的には、このタイプの日焼けで枯れることは滅多に無いです。来年の脱皮まで美しくはありませんが。

以上のように、一口に「日焼けの被害」と言っても、茹だり型&焦げ型の少なくとも2タイプがありそうです。

d0079818_0351196.jpg

[写真1. 茹だり型ダメージを受けたC. maughanii subsp. armeniacum(上)、Ophthalmophyllum節不明種(下)]



d0079818_02155100.jpg

[写真2. 焦げ型(上)、茹だり型(下)のダメージを受けたC. obcordellum]

タビ型園芸種のほとんどは問題なくやり過ごしたようです。

不思議なのは、茹だり型のダメージはボディーの下の方、地際に近いところに現れているということです。何故に天辺はダメージを受けないのか?? もし、人間と同じような「日焼け」であれば、太陽に面した表皮がダメージを受けても良さそうなのに。所謂「光酸化」、許容量を越える光を受けたために、活性酸素が体内で発生したため細胞が死滅し、内部から自己崩壊している・・・という感じ。種によってダメージの受け方が違うのは、表皮の構造や活性酸素を除去するメカニズムの違いなどがあるためなのでしょう。ダメージを受けたのがSect. Cheshire-felesに集中している(C. phoeniceumだけは被害無しでしたが)ことも、この節に共通なメカニズムが存在している事を示しているように思われます。

何年栽培していても、ちょっとした気のゆるみやアクシデントで全滅させてしまう危険性があるのですから、稀少や絶滅危惧種を人間が栽培して保存しようなんていう発想は全くの絵に描いた餅である事が解ります。

さてさて、ブルゲリは2年生がいますから、振り出しとは言わないまでも時計が4年くらい戻ってしまいました。今年播いた子たちが開花する頃には50代に突入しちゃうかも??
[PR]
by conocono123 | 2006-09-30 22:54 | 栽培トラブル集