カテゴリ:Sect. Cheshire-feles( 1 )

Sect. Cheshire-feles, species and distribution

Conophytum achabense S.A.Hammer ☆
Conophytum acutum L.Bolus L.Bolus
Conophytum burgeri L.Bolus ☆
Conophytum hammeri G.Williamson & H.C.Kennedy ☆
Conophytum maughanii (Type species)
  subsp. maughanii N.E.Br. ☆
  subsp. armeniacum S.A.Hammer ☆
  subsp. latum (Tischer) S.A.Hammer ☆
Conophytum phoeniceum S.A.Hammer ☆
Conophytum ratum S.A.Hammer ☆
Conophytum subterraneum T.Smale & T.Jacobs ☆

<分布地図>
d0079818_22132015.jpg

C. maughanii ssp. maughaniiの分布域は広いため、自生地を3点ほどピックアップして示してあります。C. burgeri等が自生する夏に雨が多い地域から西部の冬雨地域まで広い範囲に自生地が点在していて、C. maughanii ssp. maughaniiの気候条件、特に雨期に対する適応性が高いことを示唆しているように思われます。あるいは、異なる自生地由来の株を比較栽培してみると、面白い結果が出るかも知れません。

ボディーのほとんどを地中に埋めて生育する種、即ちC. achabense, C. acutum, C. subterraneumの3種が、この節の分布域のそれぞれ東端、南端、北端に位置しているのは面白い事と思います。他人の空似なのか、それとも共通の祖先を持つのか?昼咲き夜咲きとの関係は? 
[PR]
by conocono123 | 2007-01-21 23:48 | Sect. Cheshire-feles