「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

大失敗(日焼け)

やってしまいました。9月の日焼けです。
今週は、大雨や曇りで気温も低いという予報だったので、気が緩んでいたのでしょう。でも28日は晴れとの予報でしたから、寒冷紗を張っておくべきでした。
朝は涼しかったものの、昼までには雲ひとつない快晴となり、最高気温は29℃を記録しました。勤め先でやられた〜!!と心の中で叫んでみるものの時既に遅し。恐る恐る昨晩確認すると、やはりいくつか日焼けしていました。そして、今日、朝からチェック・・・透明波板の屋根の下に居たものは大丈夫でしたが、太陽高度が低くなっているため、かなり棚の奥まで直射日光が射し込んでいて、モロに直射日光を浴びた側だけがダメージを受けていました。

なんとブルゲリ実生6年生、Rラツム(同)、マウガニーのアルメニアカム、オフタルモ系(一部)では、日が当たっていた面だけがまるで茹ったような半透明の薄茶色に!!!  ブルゲリは今年開花してくれるんじゃないかと期待していたのになぁ・・・・。自分のサイトに「日焼けに注意せよ」と書いてあるのにね。いや恥ずかしいやら、落胆するやら。面積的には1/4程度なので、ダメージが拡大するかどうか経過を見守る事にしよう。

一方、オブコデルムやフィシフォルメ、ユビフォルメでダメージを受けたものは、表皮が薄茶色く焦げたようになっています。薄皮の陰になっている部分は健全で、まるで日焼けした時の水着の跡のようにくっきりとラインが入ってます。経験的には、このタイプの日焼けで枯れることは滅多に無いです。来年の脱皮まで美しくはありませんが。

以上のように、一口に「日焼けの被害」と言っても、茹だり型&焦げ型の少なくとも2タイプがありそうです。

d0079818_0351196.jpg

[写真1. 茹だり型ダメージを受けたC. maughanii subsp. armeniacum(上)、Ophthalmophyllum節不明種(下)]



d0079818_02155100.jpg

[写真2. 焦げ型(上)、茹だり型(下)のダメージを受けたC. obcordellum]

タビ型園芸種のほとんどは問題なくやり過ごしたようです。

不思議なのは、茹だり型のダメージはボディーの下の方、地際に近いところに現れているということです。何故に天辺はダメージを受けないのか?? もし、人間と同じような「日焼け」であれば、太陽に面した表皮がダメージを受けても良さそうなのに。所謂「光酸化」、許容量を越える光を受けたために、活性酸素が体内で発生したため細胞が死滅し、内部から自己崩壊している・・・という感じ。種によってダメージの受け方が違うのは、表皮の構造や活性酸素を除去するメカニズムの違いなどがあるためなのでしょう。ダメージを受けたのがSect. Cheshire-felesに集中している(C. phoeniceumだけは被害無しでしたが)ことも、この節に共通なメカニズムが存在している事を示しているように思われます。

何年栽培していても、ちょっとした気のゆるみやアクシデントで全滅させてしまう危険性があるのですから、稀少や絶滅危惧種を人間が栽培して保存しようなんていう発想は全くの絵に描いた餅である事が解ります。

さてさて、ブルゲリは2年生がいますから、振り出しとは言わないまでも時計が4年くらい戻ってしまいました。今年播いた子たちが開花する頃には50代に突入しちゃうかも??
[PR]
by conocono123 | 2006-09-30 22:54 | 栽培トラブル集

たっぷり潅水

昨日から、晴れ時々曇り、最高気温25℃、最低気温20℃程度です。この先一週間、曇〜雨〜晴れと続きそうですが、気温はこんなもののようです。

今日は鉢底から水が出るまでタップリと潅水しました。寒冷紗を外したら日差しが強かったようで、一部シワが寄ってしまいました。午後からは慌てて寒冷紗をかけましたが、明日からは曇りがちらしいので朝のうちに外してしまおうと思います。タップリ潅水しちゃったので、徒長したり身割れしたら嫌ですからね。

他の作業
鉢の整理、昨年播種した実生の植え替え。要挿し木株のピックアップ。

写真は、今日、咲いていたエクティプム。
d0079818_0213847.jpg

[PR]
by conocono123 | 2006-09-24 23:40 | 栽培記録

培養土配合

9/19
1回目播種(コノ)  25連トレー1枚分

9/22
培養土準備、25連トレー2個
配合)芝の目土:腐葉土:バーミキュライト=4:1:1
   芝の目土(赤玉+鹿沼=1:1?。2mm篩を通る。裏ごし用メッシュで粉を除去)
   腐葉土(2mm篩を通したもの)
   バーミキュライト(2mm篩を通したもの)
   表土(赤玉微粒=赤玉小粒を2mm篩に通し、さらに裏ごし用メッシュで粉を除いたもの)
   マグアンプK(小粒)
手順)
1)赤玉小粒(2mm篩で微粒を除いたもの)とバーミキュライト(篩通ししない)を
  1:1に混合したものを、25連トレーの底に敷く(1cm程度)
2)培養土を上から2cm程度まで入れ、マグアンプを10粒程度入れる。
3)培養土を上縁まで入れ、ごく軽く床にトントンと打ち付けて培養土を落ち着かせる。
4)表土を2mm程度の厚さに敷き詰める。
5)如雨露で上から潅水
6)種まき準備完了

*トレーの底土は、昨年使用した日向土中粒だと乾きすぎるようなので、今年は保水性の良いものに変更した。
表土は昨年は日向土小粒だったが、これも保水性を高めるために赤玉を使ってみた。培養土に鹿沼土が配合されているため、表土を敷かないと苔が発生しやすいと思われる。赤玉は苔を抑えるという話があったため採用(鹿沼土が苔が生えやすいだけかも)。
d0079818_0132329.jpg

[PR]
by conocono123 | 2006-09-22 23:53 | 実生記録(2006年秋播)

多めに潅水

台風13号による雨の吹き込みとその後の高温を心配して、前回(16日)の潅水は極少量にしていました。明日(21日)からは最高気温も28℃程度、最低気温は20℃くらいにまで下がりそうなので、夜遅くに多めに潅水しました。鉢底から出る程ではありませんが、培養土半分くらいが湿る程度です。鉢数が多いため、均一に潅水するのは難しいですし、株によっても状態が違うので、大雑把に見分けながら個別管理しています。
それでも、今年はオフタ系が身割れしたものがあってショック。夏前半に日差しが少なかったためか、それとも潅水開始が早めだったためなのか、やけに瑞々しいです。
[PR]
by conocono123 | 2006-09-20 23:37 | 栽培記録

遮光

天気予報では、台風13号が去った後も曇りが続くとのことでしたが、今回は私の予想が当たり、昨日は午前中晴れ、今日は一日中晴れの暑い日になりました。気温も30℃まで上昇。遮光を外さずにおいて正解でした。

明日は晴れのち曇りで最高気温も27℃程度、最低気温は20℃を下回る予報で、今週末までには遮光を外してしまおうと考えています。例年は10月になってから遮光を外すのですが、今年は早めに外した方が良さそうです。秋が来るのが早そうですし、7月までの日照不足が原因だと思われる徒長を抑えたいのです。ブルゲリもなんだか背が高めになっています。
[PR]
by conocono123 | 2006-09-20 22:51 | 栽培記録

Conophytum obcordellum subsp. obcordellum var. cerecianum 'spectabile'

Conophytum obcordellum subsp. obcordellum var. cerecianum 'spectabile'
ケープタウンの北方150〜250km、比較的大西洋に近い地域に広く分布しているオブコデラムの1つ。‘スペクタビレ’という名は園芸品種として呼ばれるようですが、原種からの選抜個体(群)のように考えられるため、本サイトでは原種として扱いました。
d0079818_22393459.jpg


球体に比較的明瞭な点線模様があり、個体によって多少の違いが見られます。花はピンク色の夜咲きで、最も特徴的なのは強い香りです。

栽培は、他のオブコ同様ですが、若干弱いところがあるように思われます。
[PR]
by conocono123 | 2006-09-20 22:40 |  C. obcordellum (6)

八重垣姫, Yaegaki-hime

2005/12/10撮影
八重垣姫
Conophytum ficiformeの選抜個体か??
d0079818_165428.jpg


フィシフォルメにしてはツヤの無い肌に暗赤色の太線模様。開花後どんどん伸びる花弁。一度見たら忘れられない品種。長い花弁については、他に同様の形質を持つ種が見られないため、交配品種なのか原種からの選抜個体なのかさっぱり判りません。

原種C. ficiformeの花粉を授粉したところ、前回は失敗、今年の秋は数粒の種子が得られました(交配は昨年秋に行いました)。種子の出来にくさから考えて、やはり交配種と考えた方が良いのかも知れません。分球のペースも遅く、なかなか増えてくれません。
[PR]
by conocono123 | 2006-09-20 01:15 |  夜咲類 (5)

Conophytum pellucidum var. neohallii 'Makin's Plum'

Conophytum pellucidum var. neohallii 'Makin's Plum', Mesklip産

Sect. Pellucida
d0079818_0405029.jpg


BBSに来訪されるコノフィツムファンの方からの頂き物。






赤い個体は、通常の緑色の個体に比べると栽培が難しいものが多いです。このメイキンスプラムも同様で、別のMesklip産赤色株は毎年増減を繰り返しています。光合成の効率が悪いためなのか、基本種に比べて日照不足には弱いように感じています。

我が家にも実生2年株が2個あり、全部で4クローンとなりました。他に、Mesklip産の赤いネオハリー('Makin's Plum'という名札は無しだった)が1株。聞く所によると、クローン間で交配して得られた種子からの実生は全て赤くなるそうで、早く自家採種し、丈夫な個体や暑さに強い個体が選抜したいものだと考えています。また、模様の面白いペルとの交配もやってみたい事の一つです。


ついでながら・・
10年以上前、今は無きニフティ園芸フォーラム(パソコン通信版)から始まり、これまで細々とコノフィツムの情報交換をさせていただいて来ました。貴重なコレクションを譲っていただくこともあり、その度に、次は私も・・・・と思うのですが、千葉に移って以来の環境の悪化で、丈夫な園芸品種を除いて増殖率は悪く、思うようには行きません。

珍品、貴品はもとより普及種をも保存販売するのは業者さんの仕事でしたが、ブームが去った今となっては一部の人気品種を除いて業者さんに期待するのは難しい事と思います。ましてや栽培方法や関連情報まで求めるのは無理な要求でしょう。そこで、自分が趣味家として出来る活動は何かと考え、以下の目標をあげました。
1)出来るだけ最新かつ正確な各種(植物分類学、生理生態学等)情報提供
2)環境が優れない場所での栽培方法の工夫や推奨個体の選抜
3)輸送等のコストをカバーするだけの費用で出来る品種保存活動(苗や種子交換)
4)「可愛い、変わっている」だけでない、何か新たな楽しみ方の発見

とは言うものの、実際にはあまり時間をとることも出来ず、まだまだ目標達成にはほど遠いのが現状です。しかし、これまでに種々ご協力いただいた皆様への感謝を忘れずに、相変わらず細々とではありましょうが活動を続けて行きたいと考えております。
[PR]
by conocono123 | 2006-09-19 01:17 |  C. pellucidum (12)

Conophytum pellucidum ssp cupreatum

Conophytum pellucidum ssp cupreatum 'astylum'
Sect. Pellucida
d0079818_20292332.jpg

写真の株のコレクションNo.及び産地: CR1321, Roodekloof産

<分布>
南アフリカ北西部が自生地

<特徴>
昨年、イギリスのTerry Smaleさんから送っていただいたもの。
クプレアツムは以前上手く育てられなかったので心配でしたが、ちゃんと分頭して全部の球体が開花してくれました。ピンク色の花が咲くペルシダムを持っていなかったので満足満足。

<栽培>
栽培は、他のペルシダムと一緒にしています。
[PR]
by conocono123 | 2006-09-18 20:44 |  C. pellucidum (12)

Conophytum minimum

Conophytum minimum
Sect. Conophytum
d0079818_1848468.jpg

写真の株のコレクションNo.及び産地: RR714, Klipfontein産

<名称>

<分布>
他の多くの夜咲きコノフィツムと同様、南アフリカ南部が自生地

<特徴>
C. minimumは変異が大きく、この個体(5個体植えてありますが、同じクローンがあるかもしれません)のように、派手な模様が入ったものは'wiitebergense'(ウィッテベルゲンセ)と呼ばれます。中でもコレクションナンバーRR714は派手な模様と大きな個体差で有名です。この写真、中央と左の個体は、線模様が赤褐色で特に派手な印象を受けます。S. Hammer氏の団子本には、さらに太線模様のRR714が数個体掲載されており、種まきと個体選抜を繰り返すことによって、さらに多様な模様が現れる可能性が考えられます。

かつてのコノフィツムブームの時には種々の選抜個体が販売されて、比較的高価に取引されていたようです。いわゆる「ウィッテベルゲンセ○○」と呼ばれるものですが、関東平野での栽培は難しいものが多いように感じています。特に群生株となると一気に全滅する事があり、夏越しは毎年ハラハラしています。数頭株で維持すれば、比較的容易に夏越しをしてくれるので、危険分散の意味でも数株栽培しています。
[PR]
by conocono123 | 2006-09-18 19:02 |  C. minimum (2)