<   2009年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

Conophytum hians

Conophytum hians
Sect. Saxetana
d0079818_23203153.jpg

'小米雛'(原種からの選抜個体と思われますので、原種カテゴリーにも入れておきます)
[PR]
by conocono123 | 2009-12-23 23:22 | C. hians (1)

Conophytum pubescens

Conophytum pubescens
Sect. Ophthalmophyllum
d0079818_2126735.jpg

[PR]
by conocono123 | 2009-12-23 21:33 | C. pubescens (1)

Conophytum verrucosum

Conophytum verrucosum
Sect. Ophthalmophyllum
d0079818_2054404.jpg

凸凹ベルコーサムと呼ばれる種類(写真手前の緑色のは別種)
RSさんからの頂き物
[PR]
by conocono123 | 2009-12-23 20:55 | C. verrucosum (1)

Conophytum fraternum

Conophytum fraternum
Sect. Wettsteinia
d0079818_20384741.jpg

Skimmelberg form
[PR]
by conocono123 | 2009-12-23 20:40 | C. fraternum(2)

Conophytum maughanii subsp. latum

Conophytum maughanii subsp. latum
Sect. Cheshire-feles
d0079818_123666.jpg

[PR]
by conocono123 | 2009-12-21 01:03 | C. maughanii (5)

バトンタッチ

9月から次々に咲いていた花もほぼ終わりました。12月も半ばを過ぎ、最低気温が5℃を割り込む日が増えてくると、代わりにボディーが赤や紫に色付いたり、点線模様が鮮やかに浮かび上がって、我々の目を楽しませてくれます。これから5〜6月の休眠入りまでは、ボディーの色の変化を楽しみましょう。

d0079818_1432240.jpg

写真奥はセレシアナム、手前はユビフォルメです。

ユビフォルメの代表品種は、「蛍光玉」と呼ばれる緑一色のものが普及していますが、この写真のように点線模様のあるものや、全体が紫色や赤色を帯びるもの等、様々なタイプが存在します。花色もクリーム色から赤紫まであり香りも良い事から、コレクションが楽しい種と言えましょう。
[PR]
by conocono123 | 2009-12-18 01:55 | 栽培記録

Conophytum maughanii 開花

Conophytum maughanii
Sect. Cheshire-feles
d0079818_058763.jpg

以前投稿した個体が、今年は分頭して開花しました。
[PR]
by conocono123 | 2009-12-13 01:00 | C. maughanii (5)

Conophytum maughanii subsp. armeniacum

Conophytum maughanii subsp. armeniacum
Sect. Cheshire-feles
d0079818_22335721.jpg


MSG1830
RR s.n. (10miles N Aughrabies)
[PR]
by conocono123 | 2009-12-12 22:36 |  C. maughanii (5)

Conophytum obcordellum subsp. obcordellum var. ceresianum

Conophytum obcordellum subsp. obcordellum var. ceresianum
Sect. Conophytum

d0079818_21132422.jpg

コレクション No. SB1050
産地:Karoopoort
[PR]
by conocono123 | 2009-12-12 21:15 | C. obcordellum (6)

テリカラーTS471 x 'Makin's plum' の実生達

今年の8月13日の記事で紹介した テリカラーTS471 x 'Makin's plum' の実生達のその後です。
d0079818_0432880.jpg

親株はもっと茶色いのですが、実生達はグレーがかったものが多いようです。左下と右上の株がチョッピリ赤っぽい感じがしますので、この先が楽しみです。ペルシダムは環境や生理的状況によって色が随分と変わることがあるので、まだまだ何とも言えません。

MSG会報Vol.24, No.4にテリカラーSH1252の実生バリエーションが沢山紹介されていました。ルビーのように赤い個体も出ているので、テリカラー同士の交配で選抜した方が良いのかも知れないと思ったりしています。テリカラーB&H2271(下の写真)は条件によって真っ赤になるので、交配親に使いたいのですが、どうも弱くて増えてくれず、あまり開花しません。他のクローンがあれば欲しいなあ。
d0079818_0401686.jpg

[PR]
by conocono123 | 2009-12-12 00:58 | 交配記録